新しい車を買う前に、自分の車を売却しようと思った時、「え、でも次に買うの軽自動車でショ、その次に入れ替える時、売却できないよ」なんて言われてしまう事ありませんか?

 

現在は、かなり高額な車両も多く、「1300クラスの一般の自動車と比較しても、それをうわまわるかなりのお値段の軽自動車もあるのにどうして売却不可なの?」と思われる方も。

そこで今回は、下取りが難しいと言われる軽自動車について調べてみました。

どうして軽自動車は売れないといわれるの?

もともと軽自動車に乗るのは、女性やお年寄り、そして近距離利用の方が圧倒的です。走行距離も短い人が多く、逆に長い車両は法人利用などであることがほとんど。マーケット自体が比較的、安価な中古車を望む場合に選択される車種のため、中古車の売買自体のお値段がもともと低いのです。

 

また、乗ってみてわかりますが、軽量化を図るため、大人が複数で乗ると、多少のシャシーなどの変形や、道路の衝撃などをダイレクトに感じるケースも多くあります。こうした点が、「傷みやすい、長い年数乗れない車両」と思われている部分があります。
傷みやすいため、最初のオーナーの手を離れる時=既に傷んでいるだろう、今後も長居年数は乗れないということで、一般の小型の乗用車に比べて、売却時の目減り分が大きくなるのではないかと言われてもいます。

ほんとうに安価でしか売却できないの?

ですがこの傷みやすい・・・といった比較的弱い構造を持つ車両以外の、「超高性能タイプの軽自動車」というのが、近年増えてきています。

 

ハイクラスの軽自動車は、アクセサリーなどをつけることで250万円クラスになるものまであります。こうした車両は、中古車市場でも100数十万円超と、かなりの高値で売買されています。

 

実は、この軽自動車クラス、西日本や山間部などの、道路の狭いエリアで、とくに高値で取引されており、全国で売却された中古車がいききしています。こうした地域では、山道などで譲り合いながら毎日通勤する狭小な道路の先に、大型団地や集落があることもあり、世代を問わずに軽自動車が生活すべての足として活躍しています。

 

このクラスになれば、たとえばマーチやヴィッツといった営業車によく利用されている小型エンジンの乗用車と比較しても、法人、個人の所有をとわず、売却時のお値段の目減りもぐっとすくなくなっています。
現代では、輸送料をかけてもこうした優れた軽自動車を直接ユーザーから入手したいといった人も多く、全国買取可能な査定業者に査定をおねがいしてみると、地元での査定よりもかなりの高額回答も期待できます。

 

一般クラスの軽自動車でも、直接ユーザーが参加するオークションなどで売却することで、高額売却ができたといった声も、インターネット上では沢山見られます。

いかがでしたか?

地域によっては軽自動車購入=自分で最後まで乗り潰すくらいの覚悟が無ければ、売却や下取りが期待できないといったところもあります。新車で、ディーラー整備もまめに受けながら丁寧に乗ってきたのに10万円なんて、一般車両のホイールとタイヤをセット売却した程度にしかならないことも。

だからこそ、軽自動車ではとくに、査定や売却の手法の検討も含めて、新車購入の時から心得ておかなければならないことが沢山あります。