「事故車=車は売れない」と思っている人も多いようですが、車を売ることは可能です。しかし、残念ながら事故車と事故車ではない車とではどうしても売れる金額に差が出てしまいます。

 

それはご自分が車を購入することを考えると分かると思いますが、どうしても事故車というだけでデメリットになってしまうのは仕方のないことなのです。

 

もし、事故車でもその事故の程度によっては事故車扱いにならない場合もあります。例えば一度事故にあっただけで事故車というのではなく、車の大事な部分を修復していなければ事故車扱いにならないのでご自分で事故車だと思っていても実は事故車扱いではないという場合も多いのです。

 

その為、車を売る際に「実はこの車は事故車で…。」と言っても事故車扱いにならないことがあるのはその為です。

 

もし、確認をしても残念ながら事故車だった場合には車の買い取り専門店で買い取って貰うことを考えてみても良いと思います。

 

または、中古車専門店へ行って車を売るのも良いと思います。こちらの中古車専門店で車を売る際にはその中古車専門店で車を購入することによってその事故車の車を高く購入してくれる可能性がありますので聞いてみると良いと思います。

 

少し時間がかかるとは思いますが何店舗かで見積もりを出して貰うことも大切になります。また、お店によって金額買い取ってくれるが違うのでその中でも一番高く買い取ってくれるお店を見極める必要が出てきます。この場合は最低でも3店舗で見積もりを出して貰うことをお勧めします。